食事で血圧を下げる|バランスの良いご飯を食べる

鮭と卵焼き

塩分に気を付ける

food

血圧を下げるための食事は、塩分が多くならないように気を付けます。塩を使わずに、香味野菜を利用したり、だしで味付けをして食べやすくします。健康的な人でも、減塩は健康維持に効果があるので、多くの人が食事の減塩を心がけているのです。

詳しくはこちら

健康を維持するために

women

病食とは、病気や様々な症状を改善するために効果的な食事療法です。高血圧が気になる人は、血圧を下げる効果が期待できる大豆製品やアボカドなどの食材をメニューに取り入れたり、塩分を控えた調味料で味付けをすることがポイントです。

詳しくはこちら

動脈硬化を防ぐには

man and woman

高血圧は動脈硬化などの深刻な病気を引き起こす原因となるものであり、健康診断などで改善の必要ありと診断された場合は生活習慣を見直す必要があります。中でも塩分をカットするなど食事内容を改めることは、血圧を下げるのに最も効果的です。

詳しくはこちら

正常な値を維持する

血圧を下げる食事に必要な食材はさまざまです。毎日の食生活に取り入れたいおすすめ栄養素をこちらでご紹介しています。

味付けを控えるようにする

高血圧になると、血管に負担がかかり血液が全身に上手く流れにくくなりあらゆる病気のもとになります。脳や心臓、腎臓など体の中でも特に重要とされる臓器に障害が起きることも珍しくありません。そのため、日頃から血圧が高くなり過ぎないように下げる食事が大切であると言えます。血圧を下げる食事の基本は、味付けを薄くすることです。血圧が上がる原因の一つに、塩分の摂り過ぎがあるので塩分の摂取を控えるだけでも血圧を下げることにつながります。塩分が多少あるほうが、食材のうまみも引き立つと考えられますが濃い味付けは厳禁です。塩分は控えて、胡椒やお酢など塩分を含まない調味料で味を補うようにすることが大切であると言えます。

摂るべき食材

血圧を下げる食事として、摂るべき食材も存在します。血管の壁を広くする作用があるとされる成分にはEPAやDHAがあり、これらは魚などのたんぱく質に含まれます。血管の壁を広くすることで、血液の通り道がしっかり確保できることになり血圧も下がると言われています。納豆など大豆製品には、血液の中に出来る固まりを溶かしてサラサラにする働きがあります。ビタミンEには抗酸化作用があり、体内の老化を防ぐため血圧を安定させることにも欠かせない栄養素でありアーモンドなどナッツ類に含まれます。塩分や水分の排出を促すカリウムは、ホウレンソウやバナナなどがあり血圧が上がるのを防ぎます。これらの栄養素をバランスよく摂る食事が大切であると言えます。

Copyright©2015 食事で血圧を下げる|バランスの良いご飯を食べる All Rights Reserved.